OAMC オーエーエムシー

OAMC
オーエーエムシー

|

  • 設立年 : 2014
  • 創業/拠点 : フランス/パリ
  • デザイナー : ルーク・メイヤー(Luke Meier)
  • オフィシャルサイト : http://www.oamc.com/

「Supreme(シュプリーム)」の元ヘッドデザイナーLuke Meier(ルーク・メイヤー)が立ち上げたメンズブランド「OAMC(オーエーエムシー)」

フランス、パリを拠点とするファッションブランド。ラグジュアリーな素材を使用し、モダンで構築的なデザインに機能性を充実させたメンズウェアを展開。機能的かつ合理的なデザインが特徴で、技術や素材の開発における革新、ワークウェアの歴史、伝統に基づいた職人技から得たインスピレーションを、現代のプロダクトへと昇華させている。シュプリーム(Supreme)の元ヘッドデザイナー、ルーク・メイヤー(Luke Meier)がOAMCのクリエイティブ・ディレクターとしてブランドをスタート。フランス・パリを拠点とするデザインチームと、イタリア・ミラノを拠点とするプロダクションチームから構成。プロダクトは、フランス、ポルトガル、日本において限られた数量のみ生産されている。

デザイナーのルーク・メイヤーは「シュプリーム」のヘッド・デザイナーを経て2014-15年秋冬シーズンから「OAMC」を設立した。フランス、パリを拠点とするファッションブランド。ラグジュアリーな素材を使用し、モダンで構築的なデザインに機能性を充実させたメンズウェアを展開。

2018AWコレクションのテーマを象徴するのは、ドイツの芸術家ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)とアメリカの画家エルズワース・ケリー(Ellsworth Kelly)という2人のアーティストの戦争体験によってフェルト生地をキーマテリアルとして採用した。

空軍に配属されたヨーゼフ・ボイスが、第2次世界大戦中にクリミア半島上空で撃墜されてけがを負った際に、フェルトにくるまれて看病されたという体験に由来しています。フェルトはストレッチが利き、カットしても縫う必要がありません。生地全体にスチームを当てて伸ばしながらシェイプを作り、ウェルディング技術を組み合わせて縫製なしで服作りに挑むなど、伝統と現代技術を組み合わせた「OAMC」ならではの製法でコレクションを作りました。

コレクション/シーズン