NEW PRODUCTS 
VIEW ALL


Featured Products

10%POINTS

  • BlackEyePatch

    Logo cargo pant

    ¥27,000 税込
    • ポイント10%

    " ”BlackEyePatch” ロゴの刺繍が施されたカーゴパンツです。 "

  • C.E

    Panel denim jacket

    ¥36,720 税込
    • 新入荷
    • ポイント10%

    " デニムジャケットです。 "

  • BlackEyePatch

    【LAST ONE(XL)】Label crewneck black

    ¥16,200 税込
    • ポイント10%

    " ブランドロゴがプリントされたスウェットです。 "


FW2018MEN

RAF SIMONS -ラフシモンズ-
ラフシモンズが「ドラッグ」をテーマにしたコレクションを2017年1月にパリで発表した。アメリカの名編集者兼ライター、故グレン・オブライエンによる80年代の戯曲作品、ドラッグをテーマにした本、『DRUGS』とのコラボレーション。

OAMC -オーエーエムシー-
デザイナーのルーク・メイヤーは「シュプリーム」のヘッド・デザイナーを経て2014-15年秋冬シーズンから「OAMC」を設立した。2018AWコレクションのテーマを象徴するのは、ドイツの芸術家ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)とアメリカの画家エルズワース・ケリー(Ellsworth Kelly)という2人のアーティストの戦争体験によって生まれた。

ALYX -アリクス-
カリフォルニア出身Matthew Williamsが2015年にウィメンズとして立ち上げ、2017年からメンズもコレクションに加わった、現在では生産工場のあるイタリアのフェラーラを拠点とするブランドです。コレクションは、幼少期を過ごしたカリフォルニアや世界各国のサブカルチャーを含め、自身が経験したエンターテイメント業界の視点をインスピレーション源としてデザインに落とし込んでいる。

MARTINE ROSE -マーティンローズ-
2007年、イギリス出身のマーティンローズはニューヨークのソーホーにあるブラック・プライベート・メンバーズ・クラブで10枚のシャツをニューコレクションとして手掛け、メンズウェアのシャツレーベルからスタートしたデザイナーである。マーティン・ローズの根本にあるもの、それは90年代のレイブカルチャーだ。


JOHNLAWRENCESULLIVAN -ジョンローレンスサリバン-

デザイナー柳川荒士が提案する2018AWコレクション。インスピレーションの源となったのは、デヴィッド・リンチの『ツイン・ピークス』やマーティン・スコセッシの『タクシードライバー』、オリバー・ストーンの『ナチュラル・ボーン・キラーズ』などの映画に登場する"サイコパス(PSYCHOPATH)" "サイコパスキラー(PSYCHO KILLER)"といった二面性を持つキャラクター像。

FACETASM -ファセッタズム-
デザイナー落合 宏理。2018AWのテーマは「EMOTION」。感情が揺れたとき、何がおこるのか想像を巡らせて製作に挑んだ今シーズン。大人になって生きることに慣れてきたときは、子供の頃にあった強い感情を心の奥底にしまい込んでしまうことがある。それがあふれ出すとき、うねり、混ざり合い、激しくうごめく。その瞬間をかたちにしていく。

C.E -シーイー- (CAVEMPT -キャブエンプト-)
アメリカの作家Philip K Dick(フィリップ・K・ディック)の著書「Ubik(ユービック)」がSKATETHING、Toby Feltwell、Hishiともに好きだということから名付けられている。テーマには「Bring back Street Wear!」を掲げているといい、Science Fiction(サイエンス・フィクション)にインスパイアされた現代に合う新たな洋服を提案している。

BLACKEYEPATCH -ブラックアイパッチ-
デザイナー不明のままスタートした東京発の謎のストリートブランド、ブラックアイパッチ。東京を拠点とし、世界各地をブラックアイパッチのステッカーが侵食していく。 メディアでは”謎のステッカー集団”とカテゴライズされる事が多かったブラックアイパッチは、”東京”をアイデンティティーとし、マーチャンダイズ的なアイテム展開を経て、現在ではフルラインナップでのコレクションを展開。

SYMPATHY OF SOUL -シンパシーオブソウル-
人の心、時代の変化を見つめ、共鳴し“今”が求めるスタイルを、「シンパシーオブソウル」ならではの解釈で長く愛されるハイセンスなスタンダードジュエリーとして発信していく。ゴールドやダイヤモンドなど、素材はゴージャスであるが、デザインはミニマムでスタイリッシュ。ファッションの一部として男性の色気、スタイルを引き立たせるジュエリー・アクセサリーを提案している。

森田 和幸 ブログ

バイクと洋服と仕事。

ちょっとだけ今と違う仕事ができるとしたら、と考えてみたことはありませんか?幼馴染が絶版車であるカワサキゼファー400に乗... もっと見る

adidas by RAF SIMONS 

RS OZWEEGO

アディダスバイラフシモンズ RS OZWEEGOは、上層と下層の2層構造を採用した未来的なアプローチを採用しています。新型のRS OZWEEGOは繊細なメッシュとレーシングデザインの光沢のある合成皮革素材を使用し、よりスタイリッシュなフォルムに生まれ変わりました。新しい色がこのスタイルの特徴的なボールドソールを強調します。
自店販売価格は税別5万円。


adidas by RAF SIMONS 

 RS Detroit Runner 

2つの世界観が融合する。フューチャリスティックな印象を与えるソールの表面の質感に、クラシックなキャンバスアッパーを合わせた絶妙なコンビネーション。2017年秋冬に最初に導入されたRS DETROIT RUNNERは、予期せぬ素材が融合されたスタイルに仕立てられました。

2018年秋冬シーズンはエレガントな鏡面仕上げにリニューアル。


adidas by RAF SIMONS

RS REPLICANT OZWEEGO PACK

現在はニューヨークを拠点に活動しているラフ・シモンズは、7月4日のアメリカ独立記念日を祝して愛国心を表すカラーパレットを採用したシューズをデザイン。オリジナルの「RS オズウィーゴ」ランナーには透明シリコン製ウィンドウを搭載しているが、「RS レプリカント オズウィーゴ」はユニークなカットアウトパネルが特徴で、ジオメトリックパターンを編み込んだソックス3足とともに、ボックス入りのセットで販売される。

「アディダス バイ ラフ・シモンズ(adidas by RAF SIMONS)」が、デザイナー ラフ・シモンズ(Raf Simons)の母国であるベルギーの建国記念日を祝い、「RS レプリカント オズウィーゴ パック(RS REPLICANT OZWEEGO PACK)」から"ベルギーカラー"を発売する。自店販売価格は税別5万5,000円。全世界限定50店舗で7月12日から販売される。


Eastpak x Raf Simons

The collaboration between Eastpak and Raf Simons lies at the intersection of combining Eastpak’s classic style with the unique vision of Belgian designer, Raf Simons. The result of an unconventional collaboration, occupying the middle ground somewhere between haute couture, urban subculture, space travel and the 60s.



友だち追加